2012年12月03日

裏山、いや表山か。

家の周りは12月1日の雪で真っ白。余裕の50aオーバー。
いつでも動かせるように準備はしてたけどこんなに早く除雪機を動かすとは思ってなかった。こっちでは除雪機のことをピーター、苅払い機の事をビーバーというけど、なんでかは分かりません。

家から1番近いオープン前のスキー場のてっぺんまで登って来た。
夏にも登ったけど雪が積もると斜度がユルく見える。
なんでだろうと思いながら書いてて気付いた。自分が立つ位置が高くなるからリフト小屋とか人工物を基準にするとユルくなるんやね。
IMG_3557.JPG

登ってる人がもう1人いて、てっぺんで会うと近所のテレマーカー。昨日も登ったというのでワイの方が後から登ったのに先に滑らせてくれました。雪イーー!
下ってるともう1人登って来る人がいて、その人も近所の人。みんな好きなんですねー。
IMG_3558.JPG
マスマスシーズンが楽しみになりました。

posted by KONY at 14:26 | Comment(715) | TrackBack(0) | Gift 4U

2012年12月01日

立山で自然の力と人間の底力を見た。

山の天気は変わりやすいというけど、最近ではインターネットを駆使して大体の予想は出来る。
何日も前からよしよしこの日やな、と計画を立てるも前日に天気予報が変わって、行く日の朝が絶好のコンディションっぽい。でも予定があってどうしても僕らが室堂に到着するのは昼。。山の天気はもちろん天気予報も変わりやすいのである。

予定通り昼頃に到着したときには晴れてたが、なんとなく悪くなってきそうな感じ。テントを張って準備をしてる間に雲が出てくる。そして秋の山の夕暮れは早い。近場の短いラインを滑って凸凹分からなくなって終わり。森林限界を超えたバックカントリーで天気が悪くなるとまったく凹凸が見えなくなって危険。

テントに帰って酒を飲んでると外は満月。そういや山で満月見るってのもこの日程にした理由でもあった。
明日に期待を寄せつつ寝るが、夜中の2時にテントが吹っ飛びそうなほどの強風で目が覚め、そこから中々寝れない。明日は絶対駄目でしょ。

真っ白の世界で目覚め、のんびり朝食を食べ、さあ帰るかとテントを片付け終わると、ゆっくり雲がぬけ、太陽が見えだし、青空が見え、山が見えて来た
IMG_3532.JPG
山の天気は変わりやすいのである。
天気予報は悪い予報なのですぐにまた悪くなるだろう。やっぱり天気予報はあてにしてしまう。
IMG_3534.JPG
ハイクアップしてるうちにまた白くなってしまった凸凹が見えない斜面を滑る。山の天気は変わりやすい。


IMG_3541.jpg
黒4ダム。このダムが作られた時の話がすごすぎてちゃんと見ておきたかった。富山側からしか登った事無かったから今回初。ホンマにすごいとこに作られてた。人間もすごい。

posted by KONY at 22:36 | Comment(864) | TrackBack(0) | Gift 4U

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。