2013年06月24日

gi:k[2013summer]ギーク!

あなたもオタク、私もオタク、オタクTシャツ出来ました。
今回も生地にこだわっておりまして、着心地の良いビンテージ風のものと、
速乾性があり体を動かす時に着ると調子いい、良い奇人のもの。生地って書こうと思ったら奇人ってかいてもた。まさにギーク!なんつって。

今回も受注生産なので欲しいなー、と思ってくれた方は下の2つのお店で予約をお願いします。

rework
SURLANDで受付中です。SURLANDでは予約通販も受け付けてるので遠くの方はどうぞ。

gi-k2013summer.jpg

商品説明
g-1、g-2、g-3は去年の秋に出したのと同じ、柔らかくて着心地のいいビンテージ風の生地です。
g-3のポケットの上のロゴは刺繍です。
g-4も過去に出した速乾素材の生地です。

posted by KONY at 08:58 | Comment(905) | TrackBack(0) | Gift 4U

2013年06月06日

コニシが米を作る理由。

IMG_5250.jpg
IMG_5256.jpg

僕が米作りを手伝っている[ヤナギ家]ってとこの米袋にはこんな文章が書かれています。

農業をしようと決めてまもない頃、
「農薬も化学肥料も使わないこだわりの米を作るで。」と、
意気込んでいた僕は、いまは亡き父に「ま、そんな気張らんでも、米でも野菜でも、ちゃんと育ちよるで。」と言われ、気をそがれたことがありました。
あれから十数年。
手作りする肥料は、早く仕上ってほしいという思いとは裏腹に、時間をかけて、ゆっくり発酵がすすみます。
田んぼの稲も、畑の野菜も、他の草たちと競いながら、ゆっくり育ち、収穫までハラハラさせられます。こだわればこだわるほど、稲も野菜も自分たちのリズムでしっかり育ち、逆に、育てているはずの僕の方が、彼らに「ま、そんなあせりなや。」と諭されているようです。
こだわりの農業って、実は自然にとっては、なにも特別なことではなく、フツーの事なんですよね。
そんなことを考えながら見渡す景色は、とても穏やかで、とっても気持ちがいいんです。

自らを「風柳(ふうりゅう)」と称し、小さな畑で、季節ごとの収穫を楽しんでいた父も、自然のリズムの心地よさを感じていたからこそ、頭でっかちだった僕にヒントをくれたのかもしれません。

ヤナギ家のふつうのお米、自信を持ってお届けします。



農薬や化学肥料を使わずに作っている事を主張するのではなく、気持ちいい自然の中で自然に育ってる普通の米って言ってるだけ。自然に育つって言っても農薬使ってる米より全然手がかかるのにね。

僕はヤナギ家の「こっちの方が普通やで」って考えがすごくいいなー、と思って手伝ってるんです。

DSC03130.JPG
コレも自然の作ったヤツ。イケテルよね。

posted by KONY at 11:16 | Comment(1243) | TrackBack(0) | Gift 4U

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。